ストレスチェックの制度を正しく理解しましょう

  • ストレスチェックの方法

    • 平静27年12月より施行されたストレスチェック制度は、企業が定期的に労働者のストレス状況の検査を行い、本人のストレスの結果を通知して、自分のストレス状況の認識を促進することによって、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させること、また個々人の検査結果を集団としてとらえて分析し、職場環境の改善につなげようというものです。

      具体的には、会社は労働者に対し、医師・保健師などによるストレスチェック検査を実施します。

      ストレスチェックについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

      その結果は医師・保健師などが直接本人に通知します。
      本人の同意があった場合のみ会社にも結果を提示できます。


      高ストレスと評価され、医師との面談指導を希望する場合は、会社に申し出ます。この申し出を受けた会社は、医師に面接指導を依頼し、医師は実施します。



      面接指導後に会社は医師の意見を聞いて、必要に応じて労働者の就業上の措置をします。ということですが、ストレスチェック制度には、いくつかのポイントがあります。
      まずは、衛生委員会で実施の目的、体制、方法、情報の取扱などの審議や確認を行い、会社規定を整備し、説明会などを開催し、労働者に周知徹底することです。



      目的をきちんとし、労働者の立場に立っての説明をしないと、余計な疑心暗鬼を生み、せっかくの制度が台無しになってしまうからです。


      その他には、実施は1年以内ごとに1回以上であること、対象範囲は定期健康診断と同じであること、受検は労働者に強要したり、義務付けられないこと、項目としては仕事のストレス要因・心身のストレス要因・周囲のサポートという3領域を含まなければならないことがあります。

top