ストレスチェックの制度を正しく理解しましょう

  • ストレスチェックを外部委託するメリット

    • 法律によって義務付けられたストレスチェックを社内のスタッフで完結することができるのは、ある程度大きな企業だといえます。

      ストレスチェック選びであなたの手助けをします。

      中堅規模の企業の場合にはそのような情報を管理し有効活用することができる知識や経験を持つスタッフを抱えていると言うことが稀であり、仮にできたとしても非常に多くの手間ひまを必要とするのが一般的です。
      そのため中堅規模までの企業の場合にはストレスチェックの1部または全部外部委託する方が賢い方法であるといえます。

      外部委託をする場合、重要になるのはどのようなサービスを提供してくれるのかという点であるといえます。

      単純に法的な義務を全うすることだけを求めているのであれば格安で対応してくれるサービス業者を利用することがオススメできますし、ストレスチェック実施後の事後処置に関しても一括でお願いしたいと考えているのであれば十分な実績とノウハウを持っている専門の業者を選択するべきであると言えるでしょう。



      前者の場合には健康診断を行っている専門業者などが推奨されます。

      健康診断と同時に手軽に実施することができるため非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

      安く手軽に実施することができる点が評価されています。


      もしも後者のようにしっかりと対応したいのであれば専門性の高い業者を選択することが推奨されます。社内で何ができて何ができないのかを明確にすることによって選択するべき業者の種類が決定されますので、まずはどのようなニーズがあるのかを確認すると良いでしょう。



top