ストレスチェックの制度を正しく理解しましょう

  • ストレスチェックの制度を正しく理解しましょう

    • 2015年(平成27年)12月に実施が義務付けられたストレスチェック制度を正しく理解するためには、この制度がストレスをチェックするということを第一に考えることが重要です。


      職場で毎年行われる定期的な健康診断は、疾病の早期発見と治療を目的とした二次予防ですが、ストレスチェック制度は、うつ病等の精神的な不調の早期発見と治療が目的とはなっていないことに注意が必要です。ストレスチェック制度は、従業員が自らのストレス状況について、客観的な検査結果を元に気付き、メンタルヘルス不調に陥るリスクを軽減させることが目的です。また、その検査結果を事業所ごとに集計や分析を行い、職場におけるストレスの要因を調べ、職場の環境を改善していくことによってストレス要因となっている部分の低減も目的として考えることができます。

      ストレスチェック情報があれば全てが解決します。

      メンタルヘルス不調に陥るリスクが高い労働者を早めに見つけて、医師による面接指導を実施することによる「二次予防」的な取り組みが行われていくことが望ましいと言えます。

      このストレスチェックが形式的なものとなってしまわないように事業者側は気をつけなければなりません。



      事業者側が定期的にストレスチェックの実施を従業員に義務づけるものであり、従業員が受検を義務づけられているという規定となっていないことに注意が必要です。

      高ストレス状態になっていると判断された従業員には、適切な手立てを構築し、職場環境を変えるなどの必要性があります。大切な人材をメンタル不調によって退職に至ることのないように、適切な判断を行わなければなりません。



  • 医療の重要知識

    • 平静27年12月より施行されたストレスチェック制度は、企業が定期的に労働者のストレス状況の検査を行い、本人のストレスの結果を通知して、自分のストレス状況の認識を促進することによって、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減させること、また個々人の検査結果を集団としてとらえて分析し、職場環境の改善につなげようというものです。具体的には、会社は労働者に対し、医師・保健師などによるストレスチェック検査を実施します。...

  • 皆が知りたい情報

    • 働く人たちのストレスについては、ITの普及と同じような傾向で、メンタルヘルス不調者が増えてきたことから、最近に至り、一定の規模以上の企業はストレスチェック制度の導入が義務付けられています。会社が制度を確立しますが、実際の運用では、ストレスチェックシートなどを用意すると同時に、お医者さんや看護師が面談などを通じて、メンタルヘルスに対応しようというものとなっています。...

  • 医療の話

    • 法律によって義務付けられたストレスチェックを社内のスタッフで完結することができるのは、ある程度大きな企業だといえます。中堅規模の企業の場合にはそのような情報を管理し有効活用することができる知識や経験を持つスタッフを抱えていると言うことが稀であり、仮にできたとしても非常に多くの手間ひまを必要とするのが一般的です。...

  • よく解る情報

    • ストレスは現代社会に深刻な問題を招いている要因の一つですので、近年では働く人の健康と安全を確保する目的として、ストレスチェックが義務化されるようになりました。では、ストレスチェックとは何なのでしょうか。...

top