交通事故の慰謝料でもらえる金額

交通事故に遭うと、慰謝料を請求できるという話は聞いたことがあると思います。

慰謝料とは、よく誤解している人がいますが、精神的な損害に対する賠償のことです。


これとは別に、治療費、入院費、仕事を休まざるを得なかった場合の休業損害、後遺症が残った場合の逸失利益なども請求することができます。


慰謝料は精神的な損害なので、人によって損害額は異なるでしょう。大きな精神的な苦痛を味わったとして、莫大な金額を請求することもできます。

しかし、それが認められるかどうかは別問題です。

相場と大きくかけ離れた金額を請求しても認められることはなく、交渉で失敗して本来もらえるはずだったお金さえもらえないこともあります。

どうしても「納得がいかない」という場合には、弁護士に相談をしましょう。

保険会社の営業マンはプロですから、個人で交渉しても限界があります。



弁護士に相談をして、裁判までやる覚悟をすることで、もらえる金額が一気に増える可能性が出てきます。


交通事故の慰謝料の算定基準として最も低いのが、自賠責基準です。通院日数の2倍もしくは治療日数に4200円をかけた金額になります。

任意保険基準ではもう少し大きな金額をもらえる可能性があります。
最も金額が大きくなるのが裁判所基準であり、これは弁護士に依頼をしないと実現しない基準です。

裁判所基準が適用されると金額が2倍以上に跳ね上がることもあるので、無料相談だけでも受けておくことをお勧めします。

さらに、交通事故で後遺症が残った場合にはそれに対する慰謝料も別で請求できます。

後遺症には、1級から14級まであり、最も軽い14級でも認定されれば110万円がもらえます。これについても保険会社は32万円などと低い金額を提示してくることがあります。

Yahoo!ニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

後遺障害については特に大きなお金が動くので、弁護士に相談をしましょう。